講談師・太平洋(たいへいよう)

○太平洋の後方一気(公式ウェブサイト)

http://www.blancbleusarl.com/taiheiyou/index.html

 

講 談DO It!出演情報

株 式会社NPK後援出演情報

その他の詳細は公式ウェブサイト、ブログにて御確認いただけます。

1973年6月13日、大阪府箕面市で元気な産声を上げた男の子、名前は吉松洋一郎。 これが後の「講談師 太平洋」です。 この吉松青年が17才になった頃、尊敬しているマイケル・ジャクソンの自伝「ムーンウォーカー」に、「最も優れたエンターテイメントは、ストーリーテラー だ」と書いてあるのを見て、講談師になる事を決意した。 1991年9月1日、上方で唯一の講談一門「旭堂」の門を叩き、旭堂小南陵に弟子入り。旭堂南太平洋となる。 1994年、子供時分から好きだった競馬を題材にした「競馬講談」を開拓し日本で唯一人の競馬講談師として活動。以後、競馬場等の競馬イベントに多数出演 している。また、1996年から開催している「競馬講談会」をG・レース前に行い、JRAから贈られる「馬事文化賞」受賞を目指して、競馬実況とのコラボ レーション「競馬講談コラボ」を確立した。  その他にも1994年にはブルガリアでの海外公演。ETV「ストレッチマン」、NHK朝ドラ「やんちゃくれ」、CS「食べたいな、行きたいな」、ラジオ 関西「JRAホットジョッキー」にも出演していた。 現在は、KBS京都「日曜競馬中継」のメインキャスターや、MBSラジオ「ウイニングラン」などのメディアでも一応、活動している。  勿論、歴史(古典)講談の活動も、「能勢座」「武庫川講談会」を主催して、創作講談「吉良の忠義」や「義経の幼少期」など多数の物語を披露。その他に も、人物伝をはじめとした、現代物も創作している。 また、講談、落語、能、狂言、文楽などの古典芸能コラボレーション集団「風流(ふりゅう)」のメンバー。 2005年1月旗揚げをした「エンタメ集団DO IT!」では座長を務める。  そして、2005年9月1日、14年間名乗った旭堂南太平洋という名前にわかれを告げて、「講談師 太平洋」と改めて独立し、講談会初の屋号のない講談師となった。

 

【趣味】
競馬、映画、新聞購買、野球観戦(勿論、阪神ファン)、大衆演劇、WWE
【創作講談】
競馬講談 吉良の忠義(忠臣蔵) 傷心の沖田(新撰組) ジョディ・フォスター物語 この他にも歴史、現代人物講談も多数あり
【講 演テーマ】
「若手芸人の生き方」 「講談健康人性」など
【やってみたい仕事】
声優・ナレーション テレビ・ラジオでのキャスター 競馬や映画の雑誌、新聞への執筆